お金を借りよう

家族や親戚から借りる

1人で開業すると計画を考えるのは危険です。
信頼できる家族や親戚に相談して考えた方が、スムーズに進みます。
最初からきちんと説明していた方が、資金援助を受けやすくなります。
これまでに蓄えた貯金だけでは足りないので、援助を受けなければいけない場合もあります。
何も説明を受けていないで、いきなりお金を貸してくれと言われても相手は不愉快な気持ちになります。
円滑なコミュニケーションを取るためには、細かく説明しながらお願いをすることが重要です。

相談する時は、返済までの具体的な道筋も言ってください。
家族や親戚間で資金の援助をする時は、自分たちで返済期間を決めます。
それまでに返済できることを証明するため、計画を伝えましょう。

社員から借りよう

社員株主会という方法があります。
それは、社員から資金を借りて開業する方法です。
社員がたくさんいれば、それだけたくさんの資金を集めることができるので金融機関に相談する必要が無くなる部分が嬉しいですね。
金融機関から借りると、借金が大きくなってしまう可能性があるので気をつけてください。

社員から借りる時は、利子をつけて返済する決まりになっています。
貸した方は金額が大きくなって返ってくるので、メリットを得られます。
頑張って社員が働くとそれだけ利益が大きくなって、返済される分も増えるので仕事のモチベーションを向上させることにも繋がるでしょう。
社員がたくさん入ることが分かっているなら、社員持株会を使うことをおすすめします。